故障車は買取がベストな選択!マニアがいれば売れる可能性は高い

知っておきたいこと

男性

曖昧な部分は明確しておく

一昔前であれば、故障車の買取など考えられないことだったのですが、最近ではむしろお金を払ってまで処分する方が珍しいほどです。ただし、故障車といっても必ずしも事故を起こした車を指すわけではないので、そのあたりを明確にしておきたいものです。理由は買取業者の中には、所有者が知らないのを良いことに、安く買い叩くことがあるのです。そこでまずは、故障車の定義を頭に入れておきましょう。一番勘違いしやすいのはバンパーで、この部分を凹ませたため、故障車だと考えてしまう人がいます。ところが前も後ろも傷がついたとしても故障車の扱いにはなりませんし、他にもドアを新しいものに交換したとしても問題はありません。それに対して車の骨格に関わる部分やフロアや屋根、ピラーと呼ばれるところを破損させてしまうと、故障車になってしまい、買取金額が下がるかもしれないです。しかし、必ずしも安価で手放さないといけないのかというと、決してそんなことはないので、諦めないようにしましょう。なぜなら、買取業者の中には、一旦車を分解して、部品を売るといった方法を採用している業者もあるからです。このような買取業者であれば、故障車かどうかはあまり気にしないどころか、人気の車種や希少なパーツを使っているのであれば、良い値段で買取ってくれることも珍しくありません。そのため故障車だとわかっているなら、先にパーツを売っている業者に査定をお願いしてみることで、高値がつく場合もあるのです。